Joy Labo

楽しい情報を発信してます

スポーツ

東京マラソン2020 参加料などの返金は無し

投稿日:2月 24, 2020 更新日:

東京マラソン

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で一部クラスの中止

新型コロナウイルス(COVID-19)が国内で感染拡大している中、一般財団法人東京マラソン財団はマラソンエリート・車いすエリート部のみの開催を決めました。
参加料や寄付金などは一切返金しないとのこと。

なぜ参加料や寄付金の返金はないのか?

東京マラソンは一部クラスで開催を中止するだけであり、マラソンエリート・車いすエリートの部では開催されるため、警備などの開催運営費は発生するためです。

参加予定だった一般ランナーだけの措置があった

東京マラソン2020に参加予定だった一般ランナーには、東京マラソン2021へ出走する事が可能となっています。
が、東京マラソン2021へ出走するには、別途参加料が必要となります。東京マラソン2020の参加料が2021へ使える訳ではありません。

東京マラソン2021のエントリースケジュールなどは2020年4月1日以降にホームページなどで連絡するそうです。

マラソンにエントリーはしていなかったが、スッキリしない結果

東京マラソンにエントリーしていないが、参加料が戻ってこないのはスッキリしない結果ではないのか?

東京マラソンの「エントリー規約」の13項には次の定めがある。

『積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。』

この内容は「自然災害の時は返金します」・「主催者の都合の場合は返金しません」ということになります。この内容で国民は納得できるでしょうか。

一般的に考えると自然災害の時は返金なくても仕方ないと考えます。自然災害なら仕方ないですし、その参加料を復興に使ってください!という感じになりますからね。

全ては運営側と保険会社の都合で決まる

運営側も安全に大会を運営するために、保険を掛けています。
参加者が怪我などした場合に保険で適用できるようにするためです。

保険会社は利益を出す必要があります。
自然災害では保険料を支払いますが、主催者側の都合で中止になった場合は返金しません。

今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は保険料が出ない

保険会社としては、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)による東京マラソン2020中止の場合は、保険料が支払われないということなのです。

-スポーツ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IOCバッハ会長

IOC会長も揺れている 東京オリンピック延長の可能性

新型コロナは世界で猛威を奮っている 世界の新型コロナウイルス感染拡大が進んでいる。欧州や北米では外出禁止令が発動されるほど深刻な状況だ。2020年7月24日に開催予定の東京オリンピックは無事開催される …

no image

2019年プロ野球「沢村賞」の該当者なし 受賞条件や歴代受賞者は

2019年プロ野球「沢村賞」の該当者なし プロ野球選手の「投手」が個人で受賞できるタイトルの一つだが、2019年の該当者はなしという発表があった。 沢村賞選考委員の委員長を務める堀内恒夫氏は「賞のレベ …

ソフトバンクホークスロゴ

ホークス公式 おウチで工藤塾!野球ファンなら一見の価値あり

和田投手と工藤監督がわかりやすく教えてくれる 野球好きには絶対に見てほしい福岡ソフトバンクホークス公式のYouTubeチャンネル。 YouTube  1 user福岡ソフトバンクホ …

42.195

日本実業団連合 選手へ出す報償金が足らず

東京マラソン2020で多くの報奨金が出てしまった 2020年3月8日に愛知県で行われた「名古屋ウィメンズマラソン」で優勝した一山麻緒選手だが、報償金が満額出ない可能性が出てきた。 昨日行われた東京マラ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。