Joy Labo

楽しい情報を発信してます

自動車

車のライトはなぜ眩しくなったのか!

投稿日:

最近の車のライトは眩しすぎて危険だ!

 

対向車のライトこう思うのは我々編集部だけでしょうか?

安全対策のために明るくなったヘットライトだが、最近では明るすぎて危険な状況が発生しつつある。

車のライトが明る過ぎて危険な状況が多発している

車のライトが明るいことはとても良いことだが、明る過ぎて危険な部分もあることを理解してほしい。

明る過ぎて眩しさを感じる状況では安全運転も出来ないし、自分がハイビームで照らされてる「煽り運転」と勘違いし、運転者同士のトラブルも起こりかねない。

明るすぎて歩行者が見えない

いわゆる「蒸発現象」です。車のヘットライトが明る過ぎて歩行者が消えてしまう状態です。

蒸発現象

写真を見ると歩行者がわかりますが、運転中の一瞬の確認では認識することは難しいでしょう。

夜間で路面が濡れている時は、光の反射の影響で更に見にくい

路面が濡れている場合は、道路が鏡のように車のライトを照らすので下向きにしている場合でも見にくくなります。

濡れている横断歩道

対向車のライトが眩しいと車線も消える

対向車ライト

対向車のライトが下向きで路面状況もよければ何も問題はない。

対向車のライトが上向きの場合

明る過ぎるライト

この写真のように、対向車のライトが上向きの場合は眩しい。

ここに横断歩道があったら、先ほど紹介した「蒸発現象」が起こります。特に最近の車で使われているLEDやHIDの光はとても強烈です。

歩行者が消えたり、車線が消えたりしますので気をつけましょう。

またあなたが車を運転する際も、自分の車の状況をしっかり把握して運転してください。ライトが上向きのまま運転していませんか?

もしライトが上向きのまま走行して、「蒸発現象」の原因を作ってしまったら、あなたに過失が問われるかもしれません。

車のライトが下向きでも路面状況が悪い場合

対向車のライトが下向きでも、路面の状況が悪く「でこぼこ」した状態では対向車にパッシングされてるように感じます。

最近の車ではライトの光が強く、直線的に光が届くのでこのように感じることが多々あります。

まとめると

対向車のライトを直視しないように気をつけましょう。

路面状況によってはパッシングされてるように感じることがあると思いますが我慢です。

なるべく道路左側の車線を基準にして運転すると楽になるかもしれません。

どんな時も「かもしれない運転」を心がける事で、事故を減らせるかもしれません。

あなたが運転するときも、ライトの向きに気を付けましょう。

-自動車
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

煽り運転

やはり車は鉄だった 飛び石を放置してしまった結果

あなたの車に傷はありますか?その車に長く乗り続けるなら、早く修理をしたほうがいい。 その理由は、車は鉄なので錆びる → 穴が開く → 修理代「高い」・・・ 飛び石の小さな傷でも早めの修理が大切です 編 …

no image

世の中は危険運転だらけ

せまい日本 そんなに急いでどこへ行く 最近、危険運転が話題になることが多いですね。 直近では愛知県 名神高速道路であった「あおり運転&エアガン」。そんなに急ぐならもっと速く行動すればいいと思う …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。