辛坊氏と杉村氏 激論するが結局どちらが正しいのか?

エンタメ

辛坊治郎さんと杉村太蔵さんが新型コロナウイルスについて、22日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」で激論。

特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル|読売テレビ
今田耕司、月亭八光の司会の元、大御所芸人から旬の東京芸人や人気の若手、さらには超レア(?)な個性派芸人…が毎週大集結!

新型コロナは「重大な病気」なのか、「大した病気ではない」のか

辛坊さんと杉村さんは、なぜこのような議論を交わすことになったのでしょう、それは「コロナをめぐる報道」について。

私たちの中にも「コロナは危険」と言う人もいれば、「コロナは大したことじゃない」と言う人がいるように、辛坊氏と杉村氏も意見が違ったようだ。

辛坊治郎さんの発言

「専門家の『日本中で何十万人も死にます』と言う発言があったじゃないですか?『何十万人も死にます』が前提でマスコミ報道も行われているし、社会システムもそうなっている」と議論の前提となるデータが最新でないことを指摘。
「どんな病気なんだろう?というところは冷静になって、もう半年も経ったわけですから、どんな病気なのか見つめて、それに応じる段階には入ってる」と語った。

辛坊氏と杉村氏の激論

杉村氏:「それを聞きますとね、『この病気は大した病気じゃないよ』って聞こえます。」
辛坊氏:「そんなことは一言も言ってません!」

杉村氏のコロナ論

「全然こんなの大したことない病気だって言うのが僕の考え」
「何をこんなに恐れているのか。部活だってクラスターが発生して、何が原因か。みんなでちょっと風邪ひいてうつっちゃっただけのように僕は感じるわけ。」
「死ななきゃいい、僕(の考え)は。そういう意味では、重症化して亡くなってしまう高齢者、基礎疾患のある全体の2%かわかりませんけど、その対策をすればいいんじゃないですか?」

辛坊治郎氏 杉村太蔵と激論「『大した病気じゃない』って聞こえます」に「一言も言ってません!」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 キャスター辛坊治郎氏(64)が22日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演。新型コロナウイルスの話題で元衆院議員でタレントの杉村太蔵(41)と激論を繰り広げた。

辛坊氏と杉村氏の発言、どちらが正しい情報なのでしょうか?
辛坊氏のいう「専門家の『何十万人も死にます』」発言もそれが正しいのか間違っているのかもわからない状況です。国が得ている情報は正しい情報なのか?ハッキリ言うとそれもわかりませんよね。

では杉村氏のコロナ論が正しいのかといえば、間違ってもないし正しくもないのでは?と思ってしまいます。
ただ杉村氏の考え方で怖いのは、「実はコロナは恐ろしかった」と後でわかった時です。アメリカ合衆国トランプ大統領のように「99%の症例は『完全に無害』」と決めつけてしまい、感染者数や死亡者数がどんどん増えました。
このように最初から「全く問題ない」ととらえることはとても危険なことです。
この新型コロナウイルスの詳細や対処法が見つかるまでは、辛坊氏の考えのように「コロナは危険なウイルスだ」と思って活動を続ける方が安全だと私は思います。

新型コロナが危険だと認識していれば

「新型コロナウイルスは感染のリスクが高く、高齢者や基礎疾患を有する者は重症化しやすく危険である。」
ほとんどの人がこのように認識していれば、自分に感染しないように対策することでしょう。密閉・密集・密接の3密を避けるように生活すれば「クラスター」の発生を防ぐことも、減少させることもできるはずです。
ほぼ全ての人が、「自分はいつも危険にさらされている」と自覚し、感染しないさせない行動をすることで、少なからず感染力は低下するのではないでしょうか。

新型コロナウイルスは大したことないと思っていると

「新型コロナウイルスは風邪のようなものだ」と最初から捉えてしまっては、アメリカ合衆国トランプ大統領みたいになってしまいます。
トランプ大統領は「現実とかけ離れた発言」ばかりし、感染者数や死亡者数がどんどん増えていきました。その影響は今でも続いておりアメリカ合衆国の新型コロナウイルスの収束は全くできなかったのです。

日本では若者への感染リスクが少ないと報道され、若者が夜の街に出歩くようになり、若者の間でもクラスターが発生しました。
2020年、ゴールデンウィークやお盆の帰省にも影響が出ており、帰省や旅行する人達が地元や旅行先にコロナウイルスを持ってきた、などと言われることもあります。

報道にも問題があるように感じる

新型コロナウイルスの報道にも問題があるように感じます。
どの放送局もいろいろな専門家やコメンテーターを使って報道していますが、その専門家「本当に正しいのでしょうか」。
コメンテーターも無責任な発言ばかりしていないでしょうか。コメンテーターの中には発言と行動が矛盾していた人もいました。外出自粛をテレビで視聴者に訴え自分は沖縄だ福岡でゴルフ三昧。
このコメンテーターは石田純一さんですが、他の芸能関係者の中にもいるはずです。

感染は悪ではない

昨今の感染者に対する一般市民の対応や報道がひどくなっているように思う。
感染した人の中には、しっかりと感染防止対策をしたうえで感染してしまった人もいる。そのような人を攻めてどうなるのでしょう。
誹謗中傷をする人たちの気がしれませんし、同じ人間とは思えません。自分だけが助かれば良いなんて言ってる場合じゃないと思うんです。
もし、自分が感染して誹謗中傷を受けた時あなたは耐えれますか?新型コロナウイルスと戦いながら、精神的にも落ち込み体力も無くなっていくんです。
私は生きる気力さえ失ってしまう。

こんな時こそ助け合って生きていける時代を作っていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました