東京五輪への執着が凄い 緊急会見は五輪か~い

東京都知事が緊急会見を行ったが、その会見内容に報道陣も呆れ顔

小池東京都知事が2020年3月30日 午後8時半頃に緊急会見を開いた。

多くの報道陣や国民、都民が頭に浮かんだのは「東京封鎖(ロックダウン)」という言葉ではないだろうか。
東京都の感染者数は毎日増えており、国民的コメディアンの志村けんさんが亡くなるという衝撃も受けている。私も「東京封鎖(ロックダウン)」が決行されるのかな、と思っていた一人だ。

しかし、緊急会見の内容はこのようなものだった。

緊急会見の内容は…

  • バーやナイトクラブなど、接待を伴う飲食業への夜間外出自粛
  • 来年7月23日のオリンピック開幕決定
  • 4000床を目標に病床を確保すること‥など

オリンピックって…今はそんな事を話し時期じゃないだろ!と思ってしまった。しかし世の多くの人は私と意見が似ているようでテレビ番組の出演者も同じようなことを言っていた。

新型コロナウイルスと世界が戦っているのに…

世界は新型コロナウイルスと戦っている。いろんな国があの手この手で感染拡大を防ごうと、これ以上の死者や感染者を出すまいとしている中、世界オリンピック委員会(IOC)も小池東京都知事と同じようにオリンピックの事しか考えていないようだ。

世界オリンピック委員会(IOC)は30日の米紙USAトゥデイに、東京五輪の新たな大会日程が発表されたことについて「世界中でコロナと戦っている時に塗神経の極みだ」と批判されている。

やはり政治家には金(マネー)しか見えていないのか

世界の危機という中で、五輪の新たな日程なんてどうでもいいと思う。
感染拡大が広がり犠牲者の数が増え続けば、間違いなく五輪の開催はさらに遅れるし開催自体も危うくなる。だから今五輪の日程を決める事よりも、感染拡大をどうやって防ぐか、犠牲者を出さないためにはどうするか、医療体制をどうするか、の方がよっぽど重要で意味があると思う。

世界オリンピック委員会も、世界の危機にオリンピックの事だけでなくもっと周りを見て、今世界オリンピック委員会として何が出来るか考えるべきだ。

コメント

  1. ふうちゃん より:

    こんばんは!
    ブログランキングからきました。

    私も、五輪に随分気を使ていると感じていました。
    コロナの対策が、後回しになったと思います。

    また、のぞきに来ます。

タイトルとURLをコピーしました