コロナウイルス  メディアは不安を煽る凶器

NEWS 事件・事故

新型コロナウイルス の情報はどこも同じ

NEWS

新型コロナウイルスが猛威を奮っている。今では感染者のいない都道府県の方が少ないのではないかと思うほどになってきている。
最近は「クラスター」と呼ばれる、小規模な患者の集団が発生する事案が増えてきています。

不安を煽るのが仕事では無いはず

各メディアでは、新しい情報を提供しようと新型コロナウイルスの報道を多くしており、それを見ている視聴者はどんどん不安になっているように思います。
報道では正しい事を伝えるのも仕事ですが、国民の不安を煽っている現状の報道を見直して欲しいという気持ちもあります。

深刻な自体と言う事を多くの国民は理解している

メディアでアナウンサーやキャスターがコロナウイルスの情報を提供しようと頑張ってくれていますが、真剣な表情や落ち着いた発言が、余計に視聴者を不安にしていることを考えた事はないのか。
視聴者も馬鹿じゃない、新型コロナウイルスがどれほどの猛威を奮っていて、どのように感染して、どのような対策をすればいいのかをしっかり勉強していると思う。

わからない事は厚生労働省内閣府のホームページを見て理解し学べばいいと思う。

どの報道番組を見ても・聞いても同じような内容しか伝えてこない。
専門家の意見にコメンテータが意見を述べるのが流れになっているのだろうが、コメンテータの意見なんてどうでも良い。

メディアに気づいてもらいたい、情報収集はテレビだけでない

テレビとリモコン

テレビでの情報は今の時代遅くなってきている。
ネット環境のない人や、何かしらテレビからしか情報を得る事ができない人もいるかもしれない。
そんな人たちに特化した情報発信をした方がテレビの役目を果たしてると思う。

ネット環境が整っている人にとって、テレビという媒体から情報を取得する事はあまりない。

メディアはデマの拡散も手伝っている

多くのメディアはデマ情報の拡散も手伝っているようにも感じる。
トイレットペーパーやティッシュが多くの店から無くなっていると言う情報を一生懸命に伝えてくれている。しかしそれはデマ情報ですから不要な買いだめはしないようにしてください!って伝えるだけ。
本当にデマなら根拠をもって伝えて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました