ドアノックの回数に意味があるって…知って得する豆知識

ノックする様子 マナー

先日とある場所にて面談をしていただく事がありました。

扉をノッック

ドアノックの回数は、あなたのマナーレベルがバレてしまう

面談をするために個室に通されたので、ドアノックをして面談の行われる部屋へ入って行ったのです。

相手の対面に座ってすぐにお相手の方から「ノックは回数に意味があるってご存知ですか?」と言われて私の頭は混乱を始めました。
詳しく話を聞きたいと思い相手の方に尋ねると、2回ノックはトイレの確認に使われる回数なのでお客様に会いに行くときなどは注意して下さいと。

今まで全くノックの回数など気にした事がなかった。このサイトを見てくれてる視聴者はいかがかな。

就職や転職の活動をしている人にとっては当たり前かもしれないビジネスマナーかもしれないが、就職や転職の活動から数十年も離れている筆者にとっては全く知らない事だったので、回数の違いを調べてみることにした。

ドアノックは回数で使い分けるべし!

先程も書いたように、2回のドアノックはトイレの確認用です。トイレを他人が使用中か確認するのは2回のドアノックを使いましょう。

3回のドアノックはどんな時に使う

3回のドアノックは、親しい友人や知人宅に訪れた時に使います。
※日本では面接や会議などで部屋に入る時は3回でもいいとされています。

4回のドアノックはどんな時に使う

4回のドアノックは国際基準マナーに準じた、ビジネスシーンでドアをノックする回数です。
※国際基準マナーとは「標準公式マナー」といい、「プロトコール」と言われています。

ただし、日本人は4回ドアノックに慣れてないので3回でもいいとされています。

ドアをノックするする事は慣れてるけど、回数まで気にしたことのなかった筆者にとって、とても勉強になった今回の出来事。
ドアノックの回数に集中しすぎて大事な事が疎かにならないように注意したい。

ドアノックに集中しすぎた結果

ドアノックの回数ばかりに気が取られ、ついやってしまいがちなミスをここでは紹介する。

ドアが半開きだったからノックし忘れた

このミスは大打撃です。上司や先輩・取引先ではなかったので良かったのですが、これはしてはいけません。
たとえドアが半開きであっても、ドアノックは確実に行いましょう。

相手からの返事がないまま開けてしまった

ドアノックはしたけど、相手の返事がなかったので開けてしまってもいけません。
ドアを開く時は、ドアノックに返事があった場合に開きましょう。

返事がなかった場合は、再度ドアノックを行います。

まとめると

ドアノックは優しく、3回「コツ・コツ・コツ」。
相手から「どうぞ」と返事があってからドアを開けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました