東京マラソン2020 参加料などの返金は無し

2020 スポーツ

東京マラソン

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で一部クラスの中止

新型コロナウイルス(COVID-19)が国内で感染拡大している中、一般財団法人東京マラソン財団はマラソンエリート・車いすエリート部のみの開催を決めました。
参加料や寄付金などは一切返金しないとのこと。

なぜ参加料や寄付金の返金はないのか?

東京マラソンは一部クラスで開催を中止するだけであり、マラソンエリート・車いすエリートの部では開催されるため、警備などの開催運営費は発生するためです。

参加予定だった一般ランナーだけの措置があった

東京マラソン2020に参加予定だった一般ランナーには、東京マラソン2021へ出走する事が可能となっています。
が、東京マラソン2021へ出走するには、別途参加料が必要となります。東京マラソン2020の参加料が2021へ使える訳ではありません。

東京マラソン2021のエントリースケジュールなどは2020年4月1日以降にホームページなどで連絡するそうです。

マラソンにエントリーはしていなかったが、スッキリしない結果

東京マラソンにエントリーしていないが、参加料が戻ってこないのはスッキリしない結果ではないのか?

東京マラソンの「エントリー規約」の13項には次の定めがある。

『積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。』

この内容は「自然災害の時は返金します」・「主催者の都合の場合は返金しません」ということになります。この内容で国民は納得できるでしょうか。

一般的に考えると自然災害の時は返金なくても仕方ないと考えます。自然災害なら仕方ないですし、その参加料を復興に使ってください!という感じになりますからね。

全ては運営側と保険会社の都合で決まる

運営側も安全に大会を運営するために、保険を掛けています。
参加者が怪我などした場合に保険で適用できるようにするためです。

保険会社は利益を出す必要があります。
自然災害では保険料を支払いますが、主催者側の都合で中止になった場合は返金しません。

今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は保険料が出ない

保険会社としては、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)による東京マラソン2020中止の場合は、保険料が支払われないということなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました