ラグビーW杯に影響するかもしれない台風19号 一部の声に警鐘を鳴らす立川志らく

ラグビーペナルティーキック エンタメ

「冗談じゃない」台風を歓迎する一部の声を批判

ラグビー日本代表が感動する戦いをする中、一部のラグビーファンによる残念な声が出ている。

そんな残念な声に、落語家の立川志らくが「冗談じゃない!」と警鐘を鳴らしている。

残念な声とは

千葉県の一部地域に大きな被害をもたらした台風15号に続き、10月12日から13日にかけて関東地方に直撃しそうな台風19号。

台風19号予想進路

台風15号によって大きな被害を受けた千葉県にまた台風が上陸する可能性がある中、その台風19号を一部のラグビーファンが歓迎する声が出ている。

一部のラグビーファンから出た残念な声の理由

ラグビーW杯で10月13日(日)日本 × スコットランド戦にて、日本が勝つか引き分けで決勝トーナメントに進出する可能性があり、日本がTOP8に残る可能性があるからです。

日本が決勝トーナメントに進出するのは1987年のラグビーW杯第1回大会から数えて初めてとなり、だからこそ出てしまった残念な声ということになる。

ラグビー日本代表の決勝トーナメント進出も嬉しい事ではあるが、台風を歓迎するのは行きすぎた感情で被害者たちへの配慮が欠けた発言である事は間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました