薬物のオールラウンダー沢尻エリカ 「薬物依存者」だった

違法薬物 エンタメ

10

16日に麻薬取締法違反で逮捕された沢尻エリカ容疑者、その後の報道でさらに驚きの事実が発覚しました。

驚きの事実・長期による違法薬物使用の供述をした沢尻エリカ容疑者

沢尻容疑者は18日、10年以上前から違法薬物を使っていたことを供述している。

沢尻容疑者の10年前といえば…、「別に…」騒動後で、以前所属してたスターダストプロモーションとの専属契約が解消された頃です。

沢尻容疑者の10年前の動き

  • 2007年9月 舞台挨拶で「別に…」騒動
  • 2009年9月 スターダストプロモーションとの専属契約解消 2010年春まで芸能活動自粛
  • 2010年 たかの友梨ビューティークリニックのTVCMが話題

時系列で沢尻容疑者の動きを見ると、やっぱり「別に…」騒動で精神的にやられてしまったんでしょうか。何もかも嫌になってしまって違法薬物に手を出してしまったのかな、なんてことも考えてしまいます。

2010年、たかの友梨ビューティークリニックのCMに出席した際に「みんな、待っててくれてありがとう。これからも良い作品を自信を持ってみなさまにお届けできるように頑張ります」とファンへ向けたメッセージを残していますが、約束は守れなかったということになります。

良い作品を作るために違法薬物が必要だったのか、みごとにファンを裏切る結果となりました。

また、芸能活動自粛期間中は「人としての生き方や、表現者としてどうしていくべきなのか、自分と向き合っていました」と振り返ったようですが、この頃はすでに違法薬物を使用していたということになります。

沢尻容疑者が使用したと供述した違法薬物の種類

沢尻容疑者は違法薬物のMDMA・LSD・コカイン・大麻を使用していたと供述しているが、これらの違法薬物の違いはなんでしょうか。

[table id=2 /]

コメント

タイトルとURLをコピーしました